アートメイクとデザイン

眉毛のお手入れに苦心している方も多いと思います。
目元は面と向かって会話するとき必ずと言って良いほど見られる部位ですから、
少しでも隙を見せるとだらしない印象を与えかねません。
綺麗に整っているように見えても、1本だけぴょこんと毛が飛び出していると、
負格好な眉に見えてしまうことも少なくないのです。
毎日鏡の前で眉をチェックするのが嫌、眉の仕上がりに自信がないという方を助けてくれるのが、
アートメイクという施術です。

こちらは眉の部分に色素を打ち込むことで、摩擦や水といった外的刺激では落ちない眉を描くことが出来ます。
お仕事が忙しくてメイクに時間をかけられないといった女性や、
水に触れる機会が多くて眉を描いてもすぐに落ちてしまうといった方から幅広い支持を受けています。
今回は、そんな眉のアートメイクにおいて重要なデザインとアートメイク除去について詳しく見ていきましょう。

眉のアートメイクの施術自体は1時間足らずで終わることも珍しくありません。
しかし、施術以上に時間をかかることも多いのがカウンセリングです。
カウンセリングでは利用者の要望を聞いたスタッフと共に眉のデザインを決めることになります。
特に展望もないままクリニックやサロンを訪れて、カウンセリングを長引かせたくないという人は
事前にデザインを決めておくと良いでしょう。

眉のアートメイクのデザイン系統としては大きく2つに分かれます。
1つは、色素の量は控えめにして、あくまで自然な形の眉に留めるというものです。
整ってはいるけれど、明らかに描いたことがわかる形の眉にはせず、
出掛ける前に自ら描き足すことでアレンジを加えることが出来ます。
こちらのデザインのメリットは、変化するトレンドの波に対応可能という点です。
メイクは毎年のように流行が変わりますから、ファッション業界に勤める人や
流行に乗り遅れたくない方は自然な形のデザインを採用する人が多いのです。

一方で、トレンドや流行にとらわれることなく、自分に合った眉の形が分かっているという人は、
くっきりとそのデザインをアートメイクで描き入れるのも良いでしょう。
こちらのデザインは、まさにメイクいらずで過ごすことが出来るのです。
自分の眉に自信がある方や、とにかくメイクの手間を省きたいという人におすすめといえます。
アートメイクはタトゥーと違い、除去手術で色素を比較的簡単に取り除くことが出来ます。
眉のアートメイク除去手術で利用されるレーザー照射は痛みが少なく、ダウンタイムも短めです。
くっきりしたデザインのアートメイクを眉に施した人も、
除去手術を組み合わせることで眉の変化を楽しめるのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です