アートメイク除去におけるレーザー

アートメイクはタトゥー似ているようで全く異なる用途で利用されるという事実を知らない人も案外多いと思います。
タトゥーは皮膚にデザイン性の高いロゴやマークを彫り込み、個性をアピールするのが目的です。
一方のアートメイクは、通常であればメイクを施す部位に色素を打ち込むことで、
水で流れたり、擦ったら落ちてしまったりといった不便な点を解消出来るのが最大の特徴といえます。
アートメイクの魅力はタトゥーよりも肌の浅い部分に色素を注入することで、比較的色が抜けやすい点です。
外的要因ではほとんど剥がれることの無いアートメイクですが、
除去手術をすれば綺麗な状態の肌に近づけることが出来ます。
今回は、アートメイク除去手術で用いられるレーザーについて詳しく見ていきましょう。

アートメイク除去でレーザーが使われる理由としては、
他の分野においてレーザーの力がすでに証明されていることが大きいといえます。
どういうことかというと、アートメイクは言うなれば人工的にシミや黒子を生み出している現象だからです。
肌の黒ずみやシミは、紫外線をはじめとした肌へのダメージにメラノサイト細胞が反応し、
黒い色素を表皮に生み出すという仕組みです。
アートメイクの場合はメラノサイト細胞の力ではなく、
注射針などの人工的な手段で皮膚に色素を注入しているのです。
自然に出来たシミや黒ずみの治療がレーザーで行われるのが一般的ですから、
人工的に作り上げたアートメイクの除去手術でもこれを転用しようという流れは自然といえます。
レーザーは波長によって反応する色素が異なるという性質を持っています。

つまり、アートメイクで注入した色素にだけ反応する波長のレーザーを肌に当てて、
熱を加えるという工程で除去しているのです。
レーザーに反応した皮膚は高温になり、軽いやけどにも似た症状が見受けられます。
その部分の表皮が剥がれ落ちることで、アートメイクを施した部分が綺麗になるというわけです。
アートメイク除去手術をした際に、軽く痛みを覚えることもありますが、
多くのクリニックやサロンでは麻酔用のクリームを塗ることでこれを予防することが可能なのでご安心ください。
クリニックやサロンでアートメイク除去手術を受けるとき、カウンセリングは欠かせません。
これは患者に手術の内容を提示するだけでなく、幹部がどのような色素を注入されて、
どんなレーザーを使えば良いのかを医師が判断する時間でもあるのです。
アートメイク除去手術は、アートメイクを施してもらったクリニックやサロン以外でも受けられますが、
その際にはこうしたチェックの時間が長くなる可能性もあることを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です