アートメイク除去の流れ

アートメイクはおしゃれであると同時に身だしなみの一つとしても認識されています。
毎日のメイクの手間を省き、時間を有効に使うことは現代人に求められる時短テクニックです。
眉や目の際に挿入するアートメイクは、こうした観点からも理に適っているといえます。
しかし、メイクは時代と共に流行が変化しますから、
アートメイクを利用したときと現在ではメイクの価値観がまるで違い、
アートメイクが時代遅れる感じられることもあります。
そんなときにはアートメイク除去手術を受けることで、眉やアイラインを取り除くことが出来るのです。
今回は、アートメイク除去手術の一連の流れについて詳しくご紹介します。

アートメイク除去手術は、アートメイクを実施している多くの施設で受けることが出来ます。
他のサロンで受けたアートメイク手術をクリニックで除去してもらうことも可能なので、お気軽にご相談ください。
アートメイク除去手術で用いられるレーザーは専門の知識と技術を必要とします。
そのため、医師をはじめとした医療関係者による施術をしてもらえるクリニックやサロンで受けるのが鉄則です。
アートメイク除去手術の第一段階は、医師による問診とカウンセリングです。
具体的にどのようなことを聞かれるのかというと、利用者の年齢や持病など、
手術に耐えうる肉体的要素を持ち合わせているかという点です。

利用者自身の身体を確認したら、実際に手術をする患部についても詳細に検査します。
どのくらいの深さに色素が注入されているのか、手術の経過年数と色素の剥がれ落ち具合のチェック、
レーザーを照射する場合はどの波長を使うべきかといったアートメイク除去手術に関する詳細な説明も行われます。
大抵のクリニックでは、カウンセリングの段階で患者からの質問を受け付けているので、
疑問点がある方は遠慮なくお尋ねください。
アートメイク除去手術はカウンセリングに即日手術という流れが少なくありません。

手術の前段階として、患部に麻酔効果のあるクリームを塗布するケースも良く見られます。
麻酔が終わったら、瞳やその周辺を保護するカバー及びテープを貼り、レーザーを照射していきます。
アートメイク除去手術では基本的にレーザーを用いることになります。
アートメイクの色素によっては皮膚移植などの方法もありますが、
利用者への負担を考えたうえでレーザーを選択する施設が多いのが現状です。
レーザーの照射時間は患部の大きさによって変わります。
多くの場合は1時間程度で手術が終わり、術後のケアに移ります。
患部を冷やす、痛み止めの処方などのケアを終えたら、医師から自宅で野過ごし方などを聞いて終了です。
アートメイクの色素が深くまで入り入込んでいる場合は、複数回に分けてレーザーを照射することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です