アートメイクに関する疑問

アートメイクという言葉を聞いてもピンとこない人はまだまだ多いと思います。
日本ではタトゥーがあまり受け入れられる環境にありませんし、
アートメイクに関しても似たようなものだろうという考えを持っている方がいるかもしれません。
今回は、そんな思い込みを解消していただけるように、アートメイクに関する疑問についてお答えします。

最初は、そもそもアートメイクとタトゥーは何が違うのかという疑問です。
両者における最大の違いは、色素を注射する層の深さです。
アートメイクはタトゥーよりも浅い場所に色素を打ちます。
これは肌の摩擦や水滴の塗布では届かない一方で、数年かけて肌が生まれ変わると落ちる絶妙な深さなのです。
そのため、アートメイクはタトゥーよりもずっと簡単に、除去手術によって取り除くことが可能なのです。
続いてお答えしたいのは、アートメイクに関する安全性です。
針の皮膚に差すのは痛いと思われがちですが、
アートメイクは事前に麻酔処置を施すので痛みを覚える可能性は低いといえます。

また、タトゥーのように模様を構成するのではなく、眉やアイライン、
リップなどの狭い部位に色素を打つだけですから、手術時間も短めです。
アートメイク除去手術に関しては、レーザーを用いることになります。
どちらにせよ、アートメイクに関わる施術は医療行為です。
医師やその監督下にあるスタッフによる手術以外は違法となっています。
他の施設と比較して明らかに値段が安すぎるサロンなどでは、
無資格者による手術が行われている可能性を否定出来ません。
安全なアートメイク選びは、クリニックを探の段階から始まっていることを覚えておきましょう。

アートメイクのダウンタイムに関しても疑問を抱く方が多く存在します。
ダウンタイムはそれぞれの体質によって多少期間は変動しますが、大抵は1週間程度とされています。
その間は患部が炎症し、腫れることもありますが、すぐにそれは治まって皮膚が乾燥します。
乾燥した表皮が徐々に剥がれ落ちると、自然な色合いとして定着するのです。
痛みは最初の1日から2日、そこからかさぶたのような形で色が定着していくのが
アートメイクにおけるダウンタイムの流れです。
アートメイクとその除去手術は、どちらも複数回通うことが求められる場合があります。
アートメイクの場合は色素を濃い状態で定着させるための施術として必要になります。
アートメイク除去手術では、レーザーによる二次性色素沈着の経過を見るための期間なのです。
アートメイクに関する疑問点を解消したうえで、ご自身の身体を美しく彩ってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です