アートメイク除去におけるレーザー

アートメイクはタトゥー似ているようで全く異なる用途で利用されるという事実を知らない人も案外多いと思います。
タトゥーは皮膚にデザイン性の高いロゴやマークを彫り込み、個性をアピールするのが目的です。
一方のアートメイクは、通常であればメイクを施す部位に色素を打ち込むことで、
水で流れたり、擦ったら落ちてしまったりといった不便な点を解消出来るのが最大の特徴といえます。
アートメイクの魅力はタトゥーよりも肌の浅い部分に色素を注入することで、比較的色が抜けやすい点です。
外的要因ではほとんど剥がれることの無いアートメイクですが、
除去手術をすれば綺麗な状態の肌に近づけることが出来ます。
今回は、アートメイク除去手術で用いられるレーザーについて詳しく見ていきましょう。

アートメイク除去でレーザーが使われる理由としては、
他の分野においてレーザーの力がすでに証明されていることが大きいといえます。
どういうことかというと、アートメイクは言うなれば人工的にシミや黒子を生み出している現象だからです。
肌の黒ずみやシミは、紫外線をはじめとした肌へのダメージにメラノサイト細胞が反応し、
黒い色素を表皮に生み出すという仕組みです。
アートメイクの場合はメラノサイト細胞の力ではなく、
注射針などの人工的な手段で皮膚に色素を注入しているのです。
自然に出来たシミや黒ずみの治療がレーザーで行われるのが一般的ですから、
人工的に作り上げたアートメイクの除去手術でもこれを転用しようという流れは自然といえます。
レーザーは波長によって反応する色素が異なるという性質を持っています。

つまり、アートメイクで注入した色素にだけ反応する波長のレーザーを肌に当てて、
熱を加えるという工程で除去しているのです。
レーザーに反応した皮膚は高温になり、軽いやけどにも似た症状が見受けられます。
その部分の表皮が剥がれ落ちることで、アートメイクを施した部分が綺麗になるというわけです。
アートメイク除去手術をした際に、軽く痛みを覚えることもありますが、
多くのクリニックやサロンでは麻酔用のクリームを塗ることでこれを予防することが可能なのでご安心ください。
クリニックやサロンでアートメイク除去手術を受けるとき、カウンセリングは欠かせません。
これは患者に手術の内容を提示するだけでなく、幹部がどのような色素を注入されて、
どんなレーザーを使えば良いのかを医師が判断する時間でもあるのです。
アートメイク除去手術は、アートメイクを施してもらったクリニックやサロン以外でも受けられますが、
その際にはこうしたチェックの時間が長くなる可能性もあることを覚えておきましょう。

アートメイクに関する疑問

アートメイクという言葉を聞いてもピンとこない人はまだまだ多いと思います。
日本ではタトゥーがあまり受け入れられる環境にありませんし、
アートメイクに関しても似たようなものだろうという考えを持っている方がいるかもしれません。
今回は、そんな思い込みを解消していただけるように、アートメイクに関する疑問についてお答えします。

最初は、そもそもアートメイクとタトゥーは何が違うのかという疑問です。
両者における最大の違いは、色素を注射する層の深さです。
アートメイクはタトゥーよりも浅い場所に色素を打ちます。
これは肌の摩擦や水滴の塗布では届かない一方で、数年かけて肌が生まれ変わると落ちる絶妙な深さなのです。
そのため、アートメイクはタトゥーよりもずっと簡単に、除去手術によって取り除くことが可能なのです。
続いてお答えしたいのは、アートメイクに関する安全性です。
針の皮膚に差すのは痛いと思われがちですが、
アートメイクは事前に麻酔処置を施すので痛みを覚える可能性は低いといえます。

また、タトゥーのように模様を構成するのではなく、眉やアイライン、
リップなどの狭い部位に色素を打つだけですから、手術時間も短めです。
アートメイク除去手術に関しては、レーザーを用いることになります。
どちらにせよ、アートメイクに関わる施術は医療行為です。
医師やその監督下にあるスタッフによる手術以外は違法となっています。
他の施設と比較して明らかに値段が安すぎるサロンなどでは、
無資格者による手術が行われている可能性を否定出来ません。
安全なアートメイク選びは、クリニックを探の段階から始まっていることを覚えておきましょう。

アートメイクのダウンタイムに関しても疑問を抱く方が多く存在します。
ダウンタイムはそれぞれの体質によって多少期間は変動しますが、大抵は1週間程度とされています。
その間は患部が炎症し、腫れることもありますが、すぐにそれは治まって皮膚が乾燥します。
乾燥した表皮が徐々に剥がれ落ちると、自然な色合いとして定着するのです。
痛みは最初の1日から2日、そこからかさぶたのような形で色が定着していくのが
アートメイクにおけるダウンタイムの流れです。
アートメイクとその除去手術は、どちらも複数回通うことが求められる場合があります。
アートメイクの場合は色素を濃い状態で定着させるための施術として必要になります。
アートメイク除去手術では、レーザーによる二次性色素沈着の経過を見るための期間なのです。
アートメイクに関する疑問点を解消したうえで、ご自身の身体を美しく彩ってあげてください。

アートメイクの失敗とアートメイク除去

アートメイクになかなか踏み切れない人の話しを聞いてみると、
失敗したら怖い、上手くいかなかったらどうすれば良いかわからないという意見を耳にします。
アートメイクは人の手によるものですから、ミスが起きる確率は絶対にないとはいえません。
しかしそれは他の手術においても同様であり、利用者側の配慮によって失敗しない確立を高めることが可能なのです。
今回は、アートメイクで失敗しないための方法と、
失敗を取り戻すためのアートメイク除去手術について詳しく見ていきましょう。

まずはアートメイクにおいて何を失敗と呼ぶのかを定義しておきましょう。
利用者は眉やアイライン、リップといった部位を美しく飾るためにアートメイクを施します。
アートメイクの失敗として多く数えられるのは、
利用者が想像していたのとは異なる仕上がりになったというケースです。
これは、医師のテクニック不足とコミュニケーションが上手くいかなかったことが原因と考えられます。
仕上がりを理想に近づけるには、事前の下調べとカウンセリングがカギを握ることを覚えておきましょう。
クリニックやサロンのホームページを参照し、症例写真を積極的に張っているかどうかチェックしてください。
扱っている症例が多いほど手術の経験が豊富ですから、その分技術がたけている可能性が高いといえます。
口コミサイトも貴重な情報源です。

自分が候補として考えているクリニックやサロンに関する評判も、医師の腕前を判断する基準となるでしょう。
アートメイク手術を実施する前のカウンセリングで、自分の理想をきちんと伝えることも重要です。
手本にしたい芸能人の写真や、眉のデザインを描いたイラストなど
具体的なイメージがある場合は持参することをおすすめします。
肌トラブルが起きたせいでアートメイクどころではなくなったという失敗例も耳にします。
これを避けるには、医師が手術に参加するクリニックやサロンでアートメイク手術を受けましょう。
術後のアフターケアが充実しているかどうかもサロン選びのポイントです。
甚大な健康被害が発生していなければ、アートメイクはある程度やり直しが効きます。

アートメイクは刺青と異なり、肌の比較的浅い部分に色素を注入するので、
レーザーを用いた除去手術が有効なのです。
特に、眉のように流行が移り変わりやすい部位であれば、
アートメイク手術を定期的に受けてデザインを変更するというのもおしゃれの楽しみ方の一つです。
アートメイクで失敗を避けるためのコツを頭に入れたうえで、クリニックやサロンを訪ねてみてください。

アートメイクとデザイン

眉毛のお手入れに苦心している方も多いと思います。
目元は面と向かって会話するとき必ずと言って良いほど見られる部位ですから、
少しでも隙を見せるとだらしない印象を与えかねません。
綺麗に整っているように見えても、1本だけぴょこんと毛が飛び出していると、
負格好な眉に見えてしまうことも少なくないのです。
毎日鏡の前で眉をチェックするのが嫌、眉の仕上がりに自信がないという方を助けてくれるのが、
アートメイクという施術です。

こちらは眉の部分に色素を打ち込むことで、摩擦や水といった外的刺激では落ちない眉を描くことが出来ます。
お仕事が忙しくてメイクに時間をかけられないといった女性や、
水に触れる機会が多くて眉を描いてもすぐに落ちてしまうといった方から幅広い支持を受けています。
今回は、そんな眉のアートメイクにおいて重要なデザインとアートメイク除去について詳しく見ていきましょう。

眉のアートメイクの施術自体は1時間足らずで終わることも珍しくありません。
しかし、施術以上に時間をかかることも多いのがカウンセリングです。
カウンセリングでは利用者の要望を聞いたスタッフと共に眉のデザインを決めることになります。
特に展望もないままクリニックやサロンを訪れて、カウンセリングを長引かせたくないという人は
事前にデザインを決めておくと良いでしょう。

眉のアートメイクのデザイン系統としては大きく2つに分かれます。
1つは、色素の量は控えめにして、あくまで自然な形の眉に留めるというものです。
整ってはいるけれど、明らかに描いたことがわかる形の眉にはせず、
出掛ける前に自ら描き足すことでアレンジを加えることが出来ます。
こちらのデザインのメリットは、変化するトレンドの波に対応可能という点です。
メイクは毎年のように流行が変わりますから、ファッション業界に勤める人や
流行に乗り遅れたくない方は自然な形のデザインを採用する人が多いのです。

一方で、トレンドや流行にとらわれることなく、自分に合った眉の形が分かっているという人は、
くっきりとそのデザインをアートメイクで描き入れるのも良いでしょう。
こちらのデザインは、まさにメイクいらずで過ごすことが出来るのです。
自分の眉に自信がある方や、とにかくメイクの手間を省きたいという人におすすめといえます。
アートメイクはタトゥーと違い、除去手術で色素を比較的簡単に取り除くことが出来ます。
眉のアートメイク除去手術で利用されるレーザー照射は痛みが少なく、ダウンタイムも短めです。
くっきりしたデザインのアートメイクを眉に施した人も、
除去手術を組み合わせることで眉の変化を楽しめるのでご安心ください。

アートメイク除去の流れ

アートメイクはおしゃれであると同時に身だしなみの一つとしても認識されています。
毎日のメイクの手間を省き、時間を有効に使うことは現代人に求められる時短テクニックです。
眉や目の際に挿入するアートメイクは、こうした観点からも理に適っているといえます。
しかし、メイクは時代と共に流行が変化しますから、
アートメイクを利用したときと現在ではメイクの価値観がまるで違い、
アートメイクが時代遅れる感じられることもあります。
そんなときにはアートメイク除去手術を受けることで、眉やアイラインを取り除くことが出来るのです。
今回は、アートメイク除去手術の一連の流れについて詳しくご紹介します。

アートメイク除去手術は、アートメイクを実施している多くの施設で受けることが出来ます。
他のサロンで受けたアートメイク手術をクリニックで除去してもらうことも可能なので、お気軽にご相談ください。
アートメイク除去手術で用いられるレーザーは専門の知識と技術を必要とします。
そのため、医師をはじめとした医療関係者による施術をしてもらえるクリニックやサロンで受けるのが鉄則です。
アートメイク除去手術の第一段階は、医師による問診とカウンセリングです。
具体的にどのようなことを聞かれるのかというと、利用者の年齢や持病など、
手術に耐えうる肉体的要素を持ち合わせているかという点です。

利用者自身の身体を確認したら、実際に手術をする患部についても詳細に検査します。
どのくらいの深さに色素が注入されているのか、手術の経過年数と色素の剥がれ落ち具合のチェック、
レーザーを照射する場合はどの波長を使うべきかといったアートメイク除去手術に関する詳細な説明も行われます。
大抵のクリニックでは、カウンセリングの段階で患者からの質問を受け付けているので、
疑問点がある方は遠慮なくお尋ねください。
アートメイク除去手術はカウンセリングに即日手術という流れが少なくありません。

手術の前段階として、患部に麻酔効果のあるクリームを塗布するケースも良く見られます。
麻酔が終わったら、瞳やその周辺を保護するカバー及びテープを貼り、レーザーを照射していきます。
アートメイク除去手術では基本的にレーザーを用いることになります。
アートメイクの色素によっては皮膚移植などの方法もありますが、
利用者への負担を考えたうえでレーザーを選択する施設が多いのが現状です。
レーザーの照射時間は患部の大きさによって変わります。
多くの場合は1時間程度で手術が終わり、術後のケアに移ります。
患部を冷やす、痛み止めの処方などのケアを終えたら、医師から自宅で野過ごし方などを聞いて終了です。
アートメイクの色素が深くまで入り入込んでいる場合は、複数回に分けてレーザーを照射することもあります。